2018
“KYOTO” 『KYOTO』
『KYOTO』   A.Hashimoto ... Vocals, Electric and Acoustic Guitar
  M.Morioka ... Vocals, Acoustic Guitar, Harp, Mouth Whistle,
           Samba Whistle, Cuica, Puff Puff Bugle
  M.Johnan ... Vocals, Bass
  T.Yamaguti ... Vocals, Acoustic and Electric Guitar,
           Ukulele, Keyboard, Digital Sax,
           Rhythm Programming
  
 < Special Thanks To >
  H.Okui ... Sleeve Design

一体何がきっかけだったのか今となっては定かではないが“次作は「KYOTO」だ!”と誰かが叫び完成となった入魂の作品集。自分達が生まれ育った愛すべき町、千年の歴史と先端技術があたり前のように同居しつつ国際観光都市でもある京都。そんな京都にRUGならではの音世界が融合する。


Station (京都駅)                          Music By A.Hashimoto
Central Flow Sitting On (鴨川縁に座って)   Words By T.Yamaguti / Music By M.Morioka
Cold Spring Lane - Red Leaves (冷泉通 - 秋)        Music By A.Hashimoto
3000 Inn (三千院)                          Words and Music By T.Yamaguti
Walking On Row Of Houses (家並を歩いて)          Music By A.Hashimoto
3 Days And Over (三日でおしまい)                Words and Music By T.Yamaguti
Welcom To Townhouse (町家へようこそ)    Words By T.Yamaguti / Music By A.Hashimoto
794 Nightingale Time Machine (794ウグイス・タイムマシーン)
          Words By H.Okui / Music By (A) T.Yamaguti and A.Hashimoto (B) A.Hashimoto
That Water Route (あの水路)  Words By T.Yamaguti and M.Morioka / Music By M.Morioka
Rakuto Slope (洛東坂)                        Music By M.Johnan
Civil Servant Of Hell (魔界の役人)                Words and Music By T.Yamaguti
Tradition (伝統)                   Words By T.Yamaguti / Music By A.Hashimoto
Kyoto, Swaying (京都、ゆらり)                  Words and Music By A.Hashimoto
Cold Spring Lane - Cherry Blossom (冷泉通 - 春)     Music By A.Hashimoto
As For The Next, You Come Too (あんたはんもおこしやす) Music By RAKUTO UNDERGROUND

千年の都にミスマッチとも言えるモダンな駅舎をイメージしたポップ・インスト「京都駅」から始まる京都の旅。今回は主に東側を巡る旅である。世界各国の言葉が飛び交うリード・シングル「鴨川縁に座って」、リーダー橋本がこよなく愛する場所を渋いギターメロディで奏でる「冷泉通 - 秋」、何故かレゲエで演奏される初夏の「三千院」、京都を舞台にした刑事ドラマと大原あたりの風景がマッチしたところから生み出された「家並を歩いて」... 街中に戻れば本能寺の変を題材にしたパンクナンバー「三日でおしまい」、京の通り名数え歌がモチーフになっているポップナンバー「町家へようこそ」、ジャケットデザインを手掛けるデザイナー奥井弘が作詞で参加した「794ウグイス・タイムマシーン」。良質なナンバーが目白押しだ。後半には森岡作のクセになる麻薬的楽曲「あの水路」、上南の手になる爽やかなインスト「洛東坂」、一転して小野篁の伝承をネタにして“似非ヘビメタ”を標榜?する「魔界の役人」、ダイナミックなロックポップで展開して“もの作りの町”賛歌「伝統」。祇園祭の効果音が印象的ないかにも京都的な「京都、ゆらり」、季節が春になり再び戻ってきた実質の終曲「冷泉通 - 春」... 「あんたはんもおこしやす」京都へ! 早くも「私淑の人」と並ぶ名作の呼び声が高い素晴らしい作品集である。
ディスコグラフィの目次へ戻る